マーケティングオートメーションによる営業活動の効率化

admin
マーケティングオートメーションによる営業活動の効率化

マーケティングオートメーションの進め方

マーケティングオートメーションを導入することにより、成約に繋がる見込み客を客観的視点で探せるようになります。Web集客を行なったり、イベント会場で販促活動を行なったりしても、経験則に従った見地では成約に結びつけることが難しいものです。マーケティングオートメーションを活用することにより、客観的にリードの選別が行われるようになり、売上向上へと繋げていけるのです。

同システムを営業活動に活用するメリットは、リードの選別が自動化するだけではありません。リードナーチャリングと呼ばれるユーザー教育の実施も可能となります。興味を持って自社に訪れたユーザーであっても、クルージングを行わなくては成約に繋がらないものです。商材単位に用意された教育手法を用いて、成約率を高めていくことが大切です。

リードナーチャリングを行なう際の注意事項

リードナーチャリングを実施する場合には、事前にユーザー教育に必要なコンテンツを定めておく必要があります。メールやSNSを活用した販促活動を行なうにも、相手の関心度に応じたコンテンツを配信する必要があるものです。多様な商材を扱う企業の場合には、商品単位で教育手法を変える必要もあります。リードナーチャリングを運営する際には、事業に投じられる人員や予算などのコストを意識することが大切なのです。小規模事業者の場合には、オーバースペックのツールを導入してしまうと、コストが掛かりすぎてしまう可能性もあります。自社が必要とする機能を包有したツールを、想定する予算内で選んでいくことが大切です。

マーケティングオートメーションは、常連客や新規の顧客が欲している商品についてリサーチしたり、営業や事務の担当者が効果的に商品アピールをしたりする際に役立ちます。